梅毒は怖い病気なのか?

 

梅毒の症状は4ステージある?

梅毒は性病のなかでも昔の病気といったイメージがありますが、現代でも感染者がいる性病であり、感染すれば放置できない病気です。現代医学では、ペニシリン系の薬で梅毒の治療が可能なので、それほど怖い性病ではありません。とはいえ、梅毒の症状や感染については、知識として持っておきたいですね。ここでは、梅毒の症状や治療法を紹介しておきます。

 

梅毒という性病に感染すると4つのステージを経て症状が進行します。ここでは、その4ステージについて説明しましょう。ステージ1は梅毒に感染してから3週間ほどで、しこりやリンパの腫れの症状が出ますが、痛みがないこととしばらくすると消えていくので軽視してしまいます。ステージ2は感染してから3ヶ月ほどで、体の中心や手足にピンク色の丸いアザや、赤くもり上がった発疹が出ます。人によっては脱毛が見られる場合もありますが、これもしばらくすると消えていきます。ステージ3は3年後に、皮下に大きなしこりができます。ステージ4になると末期なので、心臓や神経などを冒し重い病気になります。治療には経口合成ペニシリン剤を使用しますが、ステージによって服用期間が変わりますので、必ず病院に行って医師の指示に従うことが大切です。

 

現在では、梅毒がステージ3以上に進むことは、通常はないと言われていますが、少しでも思い当たる場合は早めに梅毒の検査を受けましょう。検査でハッキリしておけば、安心して生活できます。

 

梅毒の情報サイト 梅毒検査キット通販